紙袋の表面処理による風合いの違いを解説します

紙袋の表面処理とは、印刷の上から行うPP加工、ニス引き、箔押しなどの加工のこと。光沢や手触りなどの質感をプラスし、破れや水濡れへの強度をアップさせることができます。仕上げのお化粧のようなものですが、してもしなくてもどっちでもいい贅沢仕様の場合と、これが必須となる場合があります。どんな場合に必要なのかも合わせて、それぞれの質感の違いについてご説明します。

  • マットにもツヤツヤにもできる、PP加工

    マットにもツヤツヤにもできる、PP加工|

    PP加工は、薄いポリプロピレンのフィルムを圧着する加工です。グロスタイプとマットタイプがあり、グロスはPP加工、マットはマットPPと呼ばれています。部分的な加工はできず、紙全体への加工となります。グロスタイプは濡れたような光沢が出ます。マットタイプは艶消しでさらっとした手触りです。高い強度と撥水性があるので、丈夫な紙袋になります。
    コート紙に印刷した場合、折り目のインクが割れてしまうので、それを避けるためにPP加工は必須となります。

  • 薄い控えめな光沢感が出る、ニス引き

    薄い控えめな光沢感が出る、ニス引き|

    ニス引きは、樹脂性の液体を塗布する加工です。印刷面の保護、ツヤ出しに使われます。PPほどの強度や撥水性はありませんが、紙袋を強くすることができます。光沢は細かくうっすらとしているので、PPのようなギラギラとした反射が好みでない方はこちらの方が良いでしょう。
    濃い色を広い面積に印刷した場合、ベタ印刷の場合、色落ちを防ぐために加工が必要です。PPでもOKですが、コストを抑えるならニス引きの方が安価です。

  • キラキラの輝きや存在感のある、箔押し

    キラキラの輝きや存在感のある、箔押し|

    昔からある、紙への装飾方法です。昔は薄く伸ばした金属箔を貼付けていましたが、今は金属質の箔だけでなく、ビニール質やホログラムのような特殊な素材もあります。金属製の凸版で圧着するため、表面に凹凸が付くのが特徴です。
    金属質の箔には、キラキラしたもの、艶消しのものがあります。下地の色に影響されずどんな色の上からも加工できます。ややコストがかかりますが、そのぶん存在感は抜群です。高級ブランド、贈答品の紙袋におすすめです。

紙袋の豆知識

お役立ち情報をもっと見る

SPECIAL CONTENTS

  • お客様の製作事例 CUSTOMER CASE|沢山のお客様にご利用いただいた、紙袋製作事例をご紹介いたします。製作のご参考にご利用ください。
  • よくあるご質問|紙袋製作に関するご質問をQ&A形式でご回答します
  • ご利用ありがとうございます!お客様の声