<

表面処理

紙袋を丈夫にし、印刷を保護する加工が表面処理です。また、独特の光沢を与えたり艶消しにしたりできるので、お化粧の意味合いもあります。紙全面を覆うPPやニス引きは、全体に厚みとハリが増し、水をはじくので強度をアップさせたい時におすすめ。ホットスタンプは部分的に独特の装飾を施すことができます。

  • グロスラミネート加工(PP)

    グロスラミネート加工(PP)

    ポリプロピレンでできた薄いフィルムを紙全面に貼付ける方法です。破れに強くなるので、紙箱のパッケージや雑誌の表紙によく使われています。強いぎらっとした光沢が得られることが特徴で、高級感が出ます。
    コート紙に印刷すると折り目の印刷が割れるため、それを防ぐためにおすすめしています。折り目に印刷がこない場合は、コート紙でもPPなしでOKです。

  • マットラミネート加工(マットPP)

    マットラミネート加工(マットPP)

    グロスラミネートと同じ、ポリプロピレンのフィルムを貼付けますが、こちらは艶消し加工がされたものを使用します。強度アップ、耐水性アップ、コート紙の印刷割れを防ぐために有効です。
    特徴的なのは、艶消し特有の質感です。手触りがさらっとしていて、優しい印象を醸し出します。光が拡散するので印刷の調子も柔らかくなります。

  • ホットスタンプ(箔押し)

    ホットスタンプ(箔押し)

    金、銀、カラーのフィルムを部分的に圧着させて装飾効果を得る方法です。素材自体が高価なため、加工面積に料金が大きく左右されます。そのため、ロゴなど部分的な使用が多いです。紙袋正面の中心にロゴ、上部と下部ぎりぎりに罫線を入れる場合、使用するフィルムは紙袋の正面サイズ最大になります。ロゴのみならお安くなります。38色展開で、金属質からカラーまで豊富に揃っています。

  • ニス引き

    ニス引き

    樹脂製の液体を塗布して印刷面を保護する方法です。PPが登場する以前はこちらが一般的でした。PPほどの光沢感や強度はありませんが、今でも根強い人気。PPよりお安くできますし、PPの強い光沢がお好みでない場合はこちらの方がしっくりくるかもしれません。
    部分的に塗布することができるのがPPとの違いで、ホットスタンプのように装飾的な意味で用いられることもあります。

その他の素材については以下をご覧下さい

SPECIAL CONTENTS