<

紙の種類

当店で扱う紙は、クラフト紙系とコート紙系の二種類があります。安価で丈夫なのがクラフト紙。少し高いですが印刷が綺麗にできるのがコート紙です。紙袋は消耗品ですから、最も多く使われているのは、晒クラフト紙です。迷ったら、晒クラフト紙がおすすめです。以下に、紙の特徴をまとめました。

  • 未晒(みざらし)クラフト紙

    未晒(みざらし)クラフト紙

    一般的に「クラフト紙」と呼ばれている茶色の紙のこと。米袋や包装紙に使われています。あの紙が茶色いのは漂白されていないためで、パルプの原料の色がそのまま残っています。晒とは漂白という意味です。
    強度が高く、手触りがざらっとしていることが特徴です。デザイン次第ではナチュラルや可愛いイメージに仕上がります。雑貨、カフェ、アパレルなど様々な業種に人気です。

  • 半晒(はんざらし)クラフト紙

    半晒(はんざらし)クラフト紙

    未晒クラフト紙と、晒クラフト紙の中間の薄茶色のクラフト紙です。半晒とは、半分ほど漂白したという意味です。未晒クラフト紙と同等の強度がありながら、色味が明るいので文字を書いたり印刷したりしやすいのが特徴。茶封筒に使われています。
    未晒クラフト紙よりも印刷色が綺麗に出ますので、ナチュラルな雰囲気を出しながら発色も良くしたいという時におすすめです。

  • 晒(さらし)クラフト紙

    晒(さらし)クラフト紙

    白色まで漂白したクラフト紙です。安価で丈夫で印刷が綺麗に出るという、イイトコ取りの紙。紙袋用としては最も多く使われているオールラウンダーです。
    手触りはざらっとしていて、柔らかく暖かみがあります。紙の風合いをいかせるので、和風のデザインにしたい時におすすめです。PPなどの加工を施すと、また全く違ったイメージにもなります。

  • 片艶晒(かたつやさらし)クラフト紙

    片艶晒(かたつやさらし)クラフト紙

    晒クラフト紙に平滑処理を行って、片面をツルツルにした紙です。晒クラフト紙よりも印刷のノリが良く、細密な表現ができるのが特徴です。コート紙よりも安価に、印刷も綺麗に出したいという方におすすめ。
    平滑処理されているので、少し光沢があります。光が当たった時、角度によって反射する程度なので、PPのギラギラ感ではなく薄い光沢がお好みの方にも良いでしょう。

  • コート紙

    コート紙

    上質紙の表面にコート剤を塗った紙です。普通の紙に印刷するとインクが紙に吸われて発色が落ちますが、コート紙は色が綺麗に緻密に出ます。写真やイラストなどを美しく再現することができるので、雑誌やポスターによく使われています。印刷部分を折り曲げるとコート剤が割れるので紙の白い部分が見えてしまうことがあります。濃い色を印刷するならPP加工がおすすめです。

  • カラークラフト紙

    カラークラフト紙

    紙そのものを染色したクラフト紙。今までの色を印刷した紙とは違い、断面や裏側でも色が途切れない紙袋が作れます。また濡れても擦れても色落ちの心配がない新素材です。全15色のラインナップなので、デザインはそのままで紙色を帰る事も可能。価格も全色統一なのでコストを抑えてバリエーション豊富な紙袋が作れます。印象に残る紙袋が作れるのでイベント出展の方にオススメです。

その他の素材については以下をご覧下さい

SPECIAL CONTENTS